寂円寺通信寂円寺通信
寂円寺通信

カレンダー

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー

交通案内

交通案内サムネイル
都営地下鉄 三田線「千石駅」
A2出口より徒歩5分

新学期。

| 15年04月28日

4月に新学期がはじまり阿鼻叫喚だった園内もだいぶ落ち着いてきました。

お母さんがみえなくなったとたんに腹をくくったかのようにスイッチのはいる子、先生が大嫌いだといい続ける子、頑なに着替えない子もひたすら泣き続ける子、一言もしゃべらないけどしっかりとやることをこなす子、あんな子やこんな子、いいだしたらきりはないけれど、本当にいろんな子がいます。

そんな子どもたちにとって1日はやく幼稚園が安心していられる居場所になれるように職員一同がんばるわけです。

小さな子どもというのは、言葉とか約束とか理路整然とした理屈だけでは安心した顔をしてくれません、そこををつかわないで子どもたちが安心した顔ができるようになるためには、どこをつかわなければいけないのかということをよく考えます。

そして、そこでつかわなければいけないところというのは、大人と子どもだけでなく、人と人が信頼関係を築くために大切な事の本当に根幹みたいなものだなと感じます。大人になるとどうしても安心を得るために理路整然とした理屈をほしがってしまいますが、本来安心とか信頼っていうのはそういうものだけで成り立っているのではないのだと気づかされるわけです。

この先になにがあるのか、予定調和の約束が欲しいのではなくて、この瞬間、この相手、この場所に、身を委ねられるかどうか、それは大人と子どもの視点の問題であるのかもしれないけど、その視点の違いにはとても大事な事が込められているように思います。

そんなことを、涙とかよだれにまみれながら感じます。

そんな日々です。

副住職

コメント(2)

遠藤 正樹 | 2015年5月 1日 08:17

副住職さま
「新学期」拝読させていただきありがとうございました。
始めてのお使いも本人にとってはアドベンャーなわけでしょうし、ましてや始めての社会生活ですから子供たちはハリセンボン状態なのでしょうか。いっぽう集団には一定のルールがあることを学ばせる場ですから先生にも譲れぬところがあってしかるべきでそれなりの主導権争いではないかと思いました。個性を尊重しつつ、一定のたがをはめていくプロセスは並大抵ではないと察します。最初の15センチでゴルフスイングは決まると申します。引き続き頑張ってください。
遠藤

副住職 | 2015年5月 7日 14:27


「最初の15センチでゴルフスイングは決まる」そんな言葉があるのですね、たかが15センチされど15センチなのですね。

もしかすると人生のはじめの15cmたるこの幼少期なのかもしれないですね。そう思うととても責任重大ですね。気持ちも引き締まります。


コメントを投稿する

   
ページ先頭に戻る