寂円寺通信寂円寺通信
寂円寺通信

カレンダー

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー

交通案内

交通案内サムネイル
都営地下鉄 三田線「千石駅」
A2出口より徒歩5分

倫理について

| 12年10月13日

先日山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞しました。

山中教授の研究によればiPS細胞というものを使うと、自分の細胞を使い臓器を培養したりすることも可能になり、臓器移植の問題や、難病で苦しむ人達には希望の光となりうる研究だそうです。

しかしその技術の進歩と同時に、生命倫理の面でこれからどのように法整備されていくのかということも注目されています。

少し前のニュースですが、出生前診断で胎児が体内にいるときに障害をもっているかどうかということが99%わかるようになったそうです。これから検査方法が簡単になれば、これからこの検査は一気に普及し、その結果によっては、生まれるべきはずだった命が間引かれてしまうという懸念もあるようです。

こういう技術が進歩して、iPS細胞技術も、出生前診断も実用レベルになってきたときに必ずぶつかるのが倫理感というものです。僧侶の間でも、こういう問題が持ち上がると様々な議論がされます。

そのニュースや議論をする中で感じる事は、この検査をして、子どもに障害があるとわかった時にどうするか、臓器を培養して悪いものを取り替えて、少しでも長く生きながらえるのがいいことなのかどうか。その答えはその人の置かれた環境や、立場や、それこそたくさんの縁によって判断されることであり、その判断自体に是も非もないと感じます。無論個人的な気持ちとしては、命を間引くことに対して肯定はしませんし、むしろそういうことが起きなくていいなら根絶したいと思います。

しかし今自分がその状況にいないところで、自分の意見を述べたとしても、いざ自分だってその状況になったらどちらを選択するかもわからない。

選択というものには、いろいろな想像を超えた様々なものが作用します、それは一人の人間の脳みそのはじきだせる限界をこえていて、考えたところで答えの出るようなものではないと思います。

ただ大切なのは、いづれにせよ、どちらの選択をしたところで、いづれにも苦しみが生じる。その生じた苦しみにいかに向き合うかが僧侶の仕事だと思います。その答えと解答を1つでも多く教典の中に学んでおくことが大切なのではないかと思っています。

苦しみを生み出す元を絶たなければ意味がないという意見もあるありますし、焼け石に水のような作業かも知れませんが、目の前にいる袖ふれあうところにいるところの人達の中に生まれた苦をとりあえず、船底の水を掻き出すみたいに対処していくことが僧侶のできることであり、やるべきことだと感じています。

副住職

コメント(1)

遠藤正樹 | 2012年10月18日 12:57

副住職さま
「倫理について」拝読させて頂きありがとうございました。
医学の選択肢が増えること自体は悪いことではないと思います。同時に心身全体のバランスを考えquality of lifeの提案力がもっと磨かれることを個人的には期待して居ります。
選択については、副住職さまご見解“ただ大切なのは、いづれにせよ、どちらの選択をしたところで、いづれにも苦しみが生じる。その生じた苦しみにいかに向き合うかが僧侶の仕事”は首肯できます。自分自身今もって後悔する間違いを随分しでかして来ました。然し老年には老年の難題があるのですから昔の間違いに囚われていては疲れ切ってしまいます。私にとって真宗は開き直る力を与えて頂ける宗教であり、手を合わせる時はごめんなさいとの思いが半分以上を占めていると言うのが正直な処です。ですからご縁を頂戴しその場を得られたことがとてもありがたいのです。遠藤

コメントを投稿する

   
ページ先頭に戻る