寂円寺通信寂円寺通信
寂円寺通信

カレンダー

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー

交通案内

交通案内サムネイル
都営地下鉄 三田線「千石駅」
A2出口より徒歩5分

お彼岸を終えて。

| コメント(2) | 10年03月28日

暑さ寒さも彼岸までとはいいますが、境内のしだれ桜もお彼岸の陽気で花をつけました。しかし寒の戻りでしょうか、またここ数日寒い日が続いています。

今年もお彼岸中にはたくさんの方にお参りをいただき、お話しする機会をいただきありがとうございました。今回お彼岸の法話の中で、真宗における法要の意味、またお念仏ということですこしお話しをさせていただきましたが、なかなか限られた時間の中でのお話しですので、伝わりづらく、わかりづらいことがあったかと思います。

真宗における法要の意味、またお念仏のありかた、というのは自分自身これからも、まだまだ学んで体験をしていかなければならないことだなと思っています。また今後も自分なりの言葉で話をしていければと思います。

またお時間ありましたら、いつでもお話しをする機会をいただきたいと思っていますので、お気軽にお声かけ下さい。

副住職

- コメントを投稿する -

原因と結果

| コメント(0) | 10年03月03日

 

自分が考えた末に出した答えや行動で必ずしも物事が好転するとは限らなくて、逆になにも考えずにした行動や言葉で何かが劇的に回りだすことがあって。

自分が迷った末にだした結論が、誰かにとっては最悪な答えであることもあれば、なにも考えずに発した言葉が誰かの救いになることがあるわけで。

自分が正しいと思ったことも、側面にしかすぎなくて、自分の発する言葉はいつだって、しったかぶりの、向う見ずだったりする。

必ずしも、結果につながる要因は自分からうまれたものではないことの方が多いのかも。なんて深々と冷え込む夜道を歩きながら思って。

はて。一体いままで、自分自身の力だけで、なにかを変えられたことなんかあるんだろうか。と思って、もしかしていままで、そんなことは何もなかったのかもしれないと思ったら。

なんかものすごく、自分は自分で、思ってるより無力なのかもなと思って、そんなこと言ったら、なんにもできないし、がんばる意味なんてあるのかなと考える。

なにかを発言することも、結局は独りよがりなのかもとか自虐的に思ったころに、心が反作用して、それって、考えようによっちゃすごく楽なことなのかもしれないというところで落ち着く。

好転するかしないかわかんないんだから、もうそんなこと気にして行動しなくてもいいのかもって思って、そこに出た結果は、やり直したとしても同じ結果が出るかもわかんないわけで、結果はそこにあるものがすべてで。

だから、なんか。

それで失ったものは、失うべくして失ったもので、いまあるものは、得るべくして得たもので。

大切なものを、がんばれば維持し続けられるかといえばそうじゃなくて。失ったものはもう手に入らないかといえばそれもそうじゃないのかもしれなくて。

なんか。

思うに、先の先を見ようとしてきて、物事に関わる要因を、側面的で断片的にならないように、意識して意識して、がんばってがんばって視野を広げようとしてきたつもりだけど、なんか最近、これは自分の手に負えることじゃないかもって思うことがある。

目の前のたった一つのこと。

なんでもいい。

大きなことも小さなことも。

ほんとに自分には思いもよらない要因が重なってそこにあると、最近本当に心からそう思うことがあります。

 

副住職

 

- コメントを投稿する -

ページ先頭に戻る