寂円寺通信寂円寺通信
寂円寺通信

カレンダー

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー

交通案内

交通案内サムネイル
都営地下鉄 三田線「千石駅」
A2出口より徒歩5分

発表会

| コメント(2) | 10年02月13日

 

この時期になると毎年、幼稚園では発表会という行事があります。

先日、その行事が無事に終わりました。そして毎年、発表会という行事を通して思うのは、なんでこんなに子どもたちの唄や合奏が心に響くのだろうかということです。

子どもの歌を聞いていていますと、まだ幼稚園の子どもですから、お世辞にも音程がきれいにとれてるわけでもなく、きれいに全員がそろっているわけでもないんですが、自分だけでなく、観客みんなが引き込まれてしまうほど、心に響きます。

それはなんでだろうなぁと考えていて、

もしかしたら、それはきっと、子どもたちが、うまく歌おうとか魅せてやろうとか、そんな気持ちがさらさらなくて、自分が楽しんで演じて、楽しんで歌って、歌いたいように声をだして、歌いたいように歌ってるからなのかもしれないと思いました。

そして、そのまっすぐな姿勢や姿に、知らず知らずのうちにそうじゃなくなってる自分のなかにあるギャップが摩擦を生じさせて、それが心の中に波紋みたいに広がるのかもしれません。

これからこの子たちが大きくなっていく中で、いろんな壁にぶつかったりして、そのたびに、自分を守る術を覚えたり、世渡りする技術を身につけていったり、隣の子との差や、他人の中にあって自分の中にないものとか、自分のメリットとデメリットと向き合う中で、こうやって歌が歌えなくなってしまうのかもしれないと思ったら、

これから少しづつ薄れていってしまうであろう、その感覚、そのむき出しの感情をこうやってビリビリと感じられる距離にいられるということは本当にありがたいことだと思いました。

そして、こうやって歌が歌える頃がだれにもあったのかもしれないなぁと思ったら、すくなくとも今のこの時期には、こうやっておもいっきり歌を歌わせてあげられる幼稚園でありたいと思いました。

副住職

- コメントを投稿する -

ページ先頭に戻る