寂円寺通信寂円寺通信
寂円寺通信

カレンダー

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー

交通案内

交通案内サムネイル
都営地下鉄 三田線「千石駅」
A2出口より徒歩5分

モスバーガー

| 09年11月04日

 

この間、世間のお坊さんに対するイメージとはなにか?かっこいいお坊さんとはなにか?ということを若い僧侶があつまって話をする機会がありました、そんな中で、自分は、やっぱり格好だけじゃなくて、中身だと思うし、お寺や跡取りだとかお寺に生まれたとか、そういう背景の前でしか胸を張ってお坊さんだと言えないのは違うと思う。と主張しました。

 

そんなことがあって数日して、ちょうどお昼時に外にお参りに行った帰りに、お昼を買って帰って家で食べようと思い車を走らせていました。そこでちょうどモスバーガーがあったので、そこで車をとめて買って帰ることにしました。

 

衣であんまり外で買い物をするということはないし、少しどうしようか悩んだのですが、別にいいだろう悪いことしてるわけじゃないし、と思い休日のお昼時のごった返すモスバーガーに入り、長い列の後ろに並んでいました。

 

その列には、家族連れ、学生さんやサラリーマン風の人、そしてお爺さん、そこに間衣輪袈裟の自分。はじめはよかったのですが、だんだんと周りの目が気になるようになりました。向こうの席では子どもが、お母さんみてみて、と明らかにコチラを指さしていますし、そうなると、みんなの心の声まで聞こえてくるようでした、お坊さんがハンバーガー食べるんだ・・・場違いじゃないか・・・というような・・・なんともいたたまれなくなり、番号札を持ってまった10分はもう1時間もまったかのような長い時間に感じました。そしてそそくさとお店を後にしました。

 

その時にふと思いました。

 

非僧非俗だなんて、わかったような口をきいていても、やっぱり自分もイメージを気にしていて、僧侶というイメージを守りたかったんだろうなと。

 

そう思ったと同時に、比叡山というお寺を下り、俗にくだり、お坊さんとか、お寺とか背景を捨てた親鸞さんのことが思い浮かびました。自分は、坊さんがなにしにきたんだという、顔をすこしされただけで、いたたまれなくなって逃げ出したくなったのに、親鸞さんがやったことは、衣でモスバーガーにはいって、そこで法話を説いて、真宗を広め、そこにいる人を真宗に教化したようなものなんじゃないかと思いました。

 

本当に自分はまだまだ器が小さいと思うと同時に、親鸞さんのやったことや、残したものの大きさと重さを思うとあたまがくらくらするような思いがしました。

 

例えが極端かもしれませんが、俗をすて出家したのがお坊さんで、それは俗とはきりはなされていますが、真宗のお坊さんは、非僧非俗ですので、僧でもなく、俗でもなくその間にいるというのは、衣をきているけど、ハンバーガーはたべますよ。そこの立ち位置で、ちゃんとまっすぐにお念仏をして生きていきなさいというようなものかもしれません。そこで後ろめたさを感じる自分はまだ、凡夫である自覚もできていないのに、非僧非俗だなんていう、口だけ真宗になってしまっていたなぁと思うと同時に、これをちゃんと自分の生活に落としていくというのは、並大抵のことではないことで、真宗というものの奥深さを痛感した気がしました。

コメント(1)

遠藤 正樹 | 2009年11月 9日 15:47

モスバーガー拝読させて頂きました。
親鸞聖人の居られた頃の荒んだ時代背景にあっては説教する方もされる方も命がけであったと思いますが、現代は良くも悪くも恵まれた時代ですから民衆の精神的な渇水度は大分低下してしまったと思います。然し、時代を超えた真理はあり、普通の人は阿弥陀さまと言う宇宙規模の真理がお側にいて下さると思えば、その分悩みの持つ負のエネルギーを相対的に低下させることが出来ると思います。勿論本人の器量を拡大する自助努力で悩みを克服すると言うことは理想でしょうが、それが出来れば世話は無いのであって、出来ないからこそ大真理にすがらせて頂かねばなりません。お寺さまがプロアクティブに活動されることで救われる人が増えればそれが一番ではないでしょうか。勇気と矜持を持って頑張ってください。遠藤 拝

コメントを投稿する

   
ページ先頭に戻る