寂円寺通信寂円寺通信
寂円寺通信

カレンダー

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー

交通案内

交通案内サムネイル
都営地下鉄 三田線「千石駅」
A2出口より徒歩5分

お寺

| 09年07月29日

 

最近、お寺というのはどういうところなんだろうと考えることがあります。

そんなことを考えていて思ったのは、最後に人が還るところは、手を差し伸べてくれたり甲斐甲斐しく世話を焼いてくれるところや、強い信念をもって突き進んでところや、誰かや何かのために心血を注ぐところでもないんじゃないかと思う。

なにもしてくれないところ。なにもしないけど突き放すわけじゃなく。いつまでもそこにいさせてくれるところ。ただそれだけなんじゃないかと思います。

最後の最後に安心できたり癒されたりするのは。

なにかをしてくれるよりも、なにもしないで横にいてくれるだけいいんだと思う。まるごとそれでいいよって言ってくれる所なんだと思う。

南無阿弥陀仏をとなえればなんか救われたり、楽になったり、ときには成仏できるとか思ってる人がいる。そんな便利な呪文みたいに感じてる人がいるかもしれないけど。誤解をおそれずにいうなら、阿弥陀さんはなんにもしてくれない。いくら念仏を唱えたところで目の前に現れてなにか苦しみを取り除いてくれる方法なんて教えてくれない。そもそもそんな非現実的なものじゃない。

ただ阿弥陀さんはそこにいるだけ。それが存在するかしないかの問題じゃなく。いつでもぶれずにいたいときにいたいだけ、いさせてくれる場所みたいなもんなんだと思う。

そんなの意味がないとおもうかもしれないけど。

南無阿弥陀佛っていうのは。

言い換えれば。

現実よど~んとこいと。だめなら泣きましょう。よければ笑いましょう。必要なときはここにいるよ。なんにもできないけど一緒にいますよ。いたいだけここにいたらいいよ。それだけしかできないけどね。

ってことなんじゃないかと思う。

さらにいえば。

お寺って場所はそういうところなのかもしれません。中道っていうのはどこにもよらないところ。真宗でいえば俗でも僧でもないところ。

どこにも片足つっこまずにのらりくらりとある場所。世間とは時間の流れがすこしずれてるところ。

正直いままではなんとなくそれが嫌で。なんかそんな時間の流れや自分のおかれた環境がぬるくて、なんか宙ぶらりんのような気がすることがありましたし、そうじゃないほうへばかり進んでたような気がするけど。

最近思うのは、お寺というのは、甲斐甲斐しくなにかしたり、誰かや何かや社会のためでもなく、ただ価値観を振り回さずにそこにいつづけるだけでよくて、さらにいえばそうやっていつづけなきゃいけないのかもしれません。

それでそこに足を運ぶ人に変わらずにいられたらそれだけでいいのかもしれない。

きっと今の時代に生きている人は、いろんな価値観に振り回されてて、こういう生き方は理想。こういう活動はすばらしい。根暗はだめだ。ひきこもっちゃだめだ。納豆は体にいい。ポテトは体に良くないよ!

耳をふさぎたくてもたくさんの情報にさらされて。さらされ続けて麻痺してるのかもしれないけど、絶対こころのどっかが疲れてる人がたくさんいると思う。

最後に還るところ。最後に人が安心するのは。

きっとなにかを変えられる力ではなくて、なににも変えられない力なのかもしれないと思いました。

 

コメント(2)

遠藤 正樹 | 2009年8月 3日 13:37

29日掲載文拝読させて頂きました。『我思う、故に我あり』と総括できれば目出度し、目出度しでしょうが、大方の人間は悶々としつつも取り合えずビールを飲み、とりを志ん生師匠に〆て頂いて取り合えずその日を手仕舞いし、そうこうしているうちに取り合えず死んでしまうのだと思います。それでいいのではないでしょうか。とても人間らしくて。お寺さまについては、私の場合、私のお寺さまに巡り合えてほっとした、ありがたいと言う気持ちにさせて頂いた場所です。人間社会はシステムを作り、たがを嵌めてやらないとばらばらになりそれこそ絶滅してしまいますから、存続するために皆不自由な思いをしながらも、たがの中でやっていくしか無いと思っております。人類が人類でいる限り、ひとりひとりの人間にストレスが来ることは我慢するしかないのだと思っております。当然溜まります。ですからその矛先をどこかに求められればしめたもので、愚痴を聞いて頂くだけでもとても助かります。両親の眠るお寺さまがそこにあり、いつでも聞いてあげるよと仰って頂ければ、とても助かります。今回の意訳から、その様な損な労を取って頂けるのが阿弥陀さまで、それは私のお寺さまでなくてはならないのです。
遠藤 拝

副住職 | 2009年8月 3日 15:18


「我思う、故に我あり」ほんとこの言葉の深さを最近ひしひしと感じます。しかしほんとそうもいかないもの、愚痴を言うというのは大事なことですよね。

先日ある方から聞いた話ですが、「話す」ということは「離す」ということなんですよと。だから嫌なことは話して自分から離してしまいなさい。そして本当に大事なことは自分から離さずに大切にしなさいと。

なるほど一理あるなと思いました。

時に愚痴り、時にビールを飲んで落語を聞く、そんな日々がかけがえのない日々ですね。

コメントを投稿する

   
ページ先頭に戻る