寂円寺通信寂円寺通信
寂円寺通信

カレンダー

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー

交通案内

交通案内サムネイル
都営地下鉄 三田線「千石駅」
A2出口より徒歩5分

いわんや悪人をや。

| 09年04月18日

子どもを連れて外で食事をしたり、電車に乗ったりすることが多くなると、自分の子どもがぐずっていたり。大きな声で泣いていたりすると、どうにもいたたまれない気持ちになったり、どうしょうもなく申し訳ないような気持ちになることがあります。

そんな経験をして、自分の中で1つ気付かされたことがあります。

自分に子どもがいないときは、周りで子どもが大騒ぎをしていたり、大きな声で泣いていたりしたら、心のどこかではなんだようるさいなぁとか、すこし静かにしてほしいなぁと感じていたことがあったと思います。でもいま自分がそういう経験をしてみると、ああお母さんも大変だな、お父さんも困ってるんだろうなとか。そのいたたまれなさや申し訳ないような気持ちをくみ取ることができるようになったと思います。

人間は自分の立場にならないとわからないことがあります。その時になって初めて気付かされるということがたくさんあるんだと思います。だからきっと今の自分もこれから生きていく中でたくさん、今は気づいていないことに気づかされることもあると思うし、同時にもしかしたら一生気づけないこともあるかもしれないけど、そういうことがあるということに気づけたということで、少しいろいろなことに寛容になれるような気がします。

よく人様に迷惑をかけないようにしなさい。という言葉をよく聞きます。

でも子どもが泣いているときもそうだし、いろいろな場面に出くわすたびに、人は生きている以上誰にも迷惑をかけずに生きていくというのは難しいと感じます。むしろそれは無理なんじゃないかと思います。

好き好んで迷惑をかける必要はないけれど、いくら気をつけていても、誰かに迷惑をかけてしまうのが人間で、もしかすると自分は気づいていないところで誰かに迷惑をかけているかもしれない。

「悪人正機」というのは、人間は罪をつくるまいと固く心に誓ってももしかしたら罪を犯してしまうかもしれない、いろんな縁があって、自分の思い通りに正しく生きようと思っても生きられないのが人間であるし、気づかない間にどこかでだれかにとっては迷惑なことをしてしまっているかもしれないのが人間であると、つまりは自分は善人で、言い換えれば誰にも迷惑をかけていないと思い込んでいる人ほどそれは大きな勘違いであるということに気づいていないということではないでしょうか。

自分はもしかしたら罪を犯してしまう可能性もあるし、どこかでだれかに迷惑をかけているかもしれないし、1人で生きているかのように感じても、気づけばたくさんの命があってその上に初めて生かされているということに気づかせていただく、そこに深く気づいて、心の底から湧いてくる感情が報恩感謝であり、南無阿弥陀仏なんではないでしょうか。

人に迷惑をかけるのはやめなさい。というのではなく、人の迷惑を許せる人になりなさい。というほうが仏教的ですごく真宗的なような気がします。

自分の子どもにはそういって育ててあげたいと最近思うようになりました。

 

コメント(2)

遠藤 正樹 | 2009年4月21日 12:25

18日掲載拝見させて頂きました。
ご趣旨然りだと思います。私の場合、誰かに迷惑をかけることがしばしばですから、その分、他の誰かに何かお返しが出来たらいいなと思っております。様々な人のご好意で生きていられることを実感しておりますが、直接恩返しが難しい場合が殆どですから他の誰かに恩返しするよう努めて参り度いと思います。これは言うは易くで、道半ばです。
遠藤 拝

副住職 | 2009年4月21日 14:04

自分も同じようにだれかに恩返しをできたらと思っています。そこでもいつも気をつけていなければいけないなと自分自身を戒めるのですが、自分が恩返しをしている、よかれと思ってだれかに何かをしたときに、思い通りの返事や反応が返ってこなかった。その時に自分の中に、なんだよよかれと思ってやっているのに!というこころが湧いてしまうことがよくあります・・・

そのたびにああまさに人間というのは凡夫であり、救いようがないなと思います。それでもそんなんでもいいよ。そんなあんたから真っ先に救ってあげるさ。といってくれるのが阿弥陀仏であるのだとしたら、ほんとうにありがたいことだなと感じます。

コメントを投稿する

   
ページ先頭に戻る