HOME > 永代供養墓
2010報恩講

交通案内

交通案内サムネイル
都営地下鉄 三田線「千石駅」
A2出口より徒歩5分

人生とは流れのようなものです。時には濁流となって荒れ狂うこともあります。
しかし、大海に流れ込むと、その濁流はいつの間にか美しい澄んだ海水に同化されます。その大海こそ人間の煩悩の消えた仏の世界であると、仏陀は説かれております。
その大海の世界を「浄土」とも「寂光土」とも呼びます。「寂光廟」の「寂光」であります。

我々はその寂光土において、亡き父、亡き母、亡き子、亡き友、そして遠い先祖の方々とも会うことが出来るのです。そのことを、仏教では「倶会一処(くえいっしょ)」とも説いております。つまり「ともに仏の国であいまみえる」ということであります。

納骨堂は、本尊を中心に納骨堂が整然と設置されております。
納骨堂は一般の墓の「カロート」と呼ばれる墓石の下の納骨部分に当たるものです。したがって、室内に入るのは納骨の時だけであり、平生の参詣は。廟上の「寂」の墓碑の前で行なっていただきます。

この墓碑の「寂」の字は。親鸞聖人のご直筆のを転写した由緒あるもので、「倶会一処」の心を込めて建立されたものです。
寂円寺では歴代の住職も寂光廟へ納骨されています。

エントランス
寂光廟
エントランス
寂光廟 内部
エントランス
寂光廟 内部
宗派 浄土真宗(申し込み以前の宗派は問いません。)
永代使用料 永代供養年五回 墓誌刻名料 維持会費の費用も含まれています。
納骨壇一体 50万円
分骨 30万円
合祀(土に還る) 一体 20万円

生前申し込みも受け付けております。

※元旦、春・秋お彼岸、お盆、報恩感謝の年5回
  寂光廟墓前にて読経が行なわれます。
申し込み 所定の申し込み用紙にご捺印のうえ、事務所にご提出ください。
ページ先頭に戻る